【ライフハック】ミニマリストへの道:本は電子化していく【どうやる?】

スポンサーリンク
ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本は捨てられないので溜まっていく

ミニマリストを目指していく上で取り掛からなければならない問題が「本」です。

いろいろな情報を得るために本を読みますが、複数回読む本もあるので捨てるタイミングがありません。

かといって残しておくのも荷物がどんどん増えていくので、どこかで断捨離する機会がやってくると思います。

今の時代はどんどん電子化が進んでおり、端末さえあれば本を電子書籍として購入ができる時代となりました。

これから購入する本は電子書籍として購入する方針として、これまでに購入した本についてはどうしようかということを考えてみました。

本は電子化していく方針にすべき理由

もちろんミニマリストを目指している為、本という荷物を減らしていくという目的がありますが、それ以外にもいくつか理由があります。

これはどちらかというと電子書籍にすることで得られるメリットになるかもしれませんが、本はこれから電子書籍にしていくつもりなので本が減るメリットではないです。

大きくは以下のようなポイントになります。

電子書籍にすべき理由
  • 持ち運びがiPadやKindleなど電子媒体のみでよい
  • 複数の本を持ち歩かなくても電子媒体があれば読みたい本が読める
  • 家の本を減らすことができてスペースが空く
  • 引っ越しや模様替えが気軽に行えるようになる

もちろん紙の本は質感があり、またコレクションという意味でも持っていることがいい面もありますが、個人的には以上の理由からできるだけ電子書籍へ移行していくことをおすすめします。

これまでの本の電子化どうする?(自炊について)

これまで持っていた本の電子化をすることを自炊というらしいです。

しかしながら調べてみると自炊は思ったよりハードルが高いことがわかりました。

本の電子化には以下のような手順を行います。

  1. 本を裁断する
  2. 本をスキャンする

これを個人でやろうとすると機材に結構なお金がかかりそうです。汗

また本の量にもよりますが、電子化する本に対してこのプロセスが必要なので相当な時間も必要になってきます。

もしやる場合はこれらが必要になってくるようです。(参考までに…)

プラス 裁断機 自炊 A4 かんたん替刃交換 PK-513LN 26-309
1、本の背を簡単綺麗に裁断できるので、書籍のデータ化作業に最適です 2、裁断機で本の背を裁断。スキャナでデータ化しPCに保存することで、大量のデータをコンパクトに所有できます 3、※裁断された製本物をスキャナで読み取った場合、その読み取ったデータの使用は、私的目的に限られます 4、厚さ15mmの紙束を一発カット:PP...
旧モデル Canon ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-C225W
●「ラウンドスキャン」で、すっきり快適搬送。給紙された原稿がクルッとUターンして本体前部に収まる、排紙スペースのいらない搬送方式「ラウンドスキャン」を実現。デスクにすっきり設置して、すばやく快適に使える新コンセプト・ドキュメントスキャナーです。●快適なスキャンを実現する「多彩な画像処理機能」。異なるサイズの原稿が混載す...
読取革命Ver.15 製品版
紙文書を編集可能な電子データに変換するOCRソフトウェアです。用途に合わせて紙文書やPDFファイルを同じレイアウトのまま、Word、Excel、PowerPointなどのファイル形式に変換できるため、資料作成業務の効率化、既存文書の電子化(ペーパーレス化)や二次活用に貢献します。新バージョンでは、わかりやすい画面表示と...

正直、思っていたよりも面倒な状態でした。

また自炊の代行を行ってくれる会社もありますが、基本的に本の自炊を代行することは著作権の関係でできない本もあるためおすすめできないようです。

(本当は一番これで済ませたかった…)

というわけで電子化したいのですが、簡単にはいかないようです。

自炊用の器材もすべてそろえるより、電子書籍を再購入する方がよさそうなくらいの本の量なので本記事としての結論は以下のようにしていきます。

結論
  • 今ある本は必要な本を厳選する
  • 厳選されなかった本はフリマに出す
  • これからは電子書籍を買う

まとめ:厳選を進めていく!

まさか今ある本を電子化するのがこんなにハードルの高いものだとは思いませんでした。

しかしながらできる範囲でスキャナなどをそろえて自炊するのも全然ありなのかなという気も少しはしています。(時間の余裕があれば全然あり!)

ただ本記事での結論は上記のように今ある本を厳選していきつつ、新しく本を購入する際は電子書籍を採用していこうと思います。

私の場合はなんだかんだ本も数えれるくらいなので、自炊用の器材を購入するまでもないという判断でした。

まだまだ電子書籍化されていない本もあるので、これからどんどん増えていくとは思いますが古い書籍など電子化されない本を持ち歩きたい場合はやはり自炊の道しかないと思います。

お金と時間の余裕ができたらぜひ試してみたいなあと思います。

みなさんもぜひ検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました