【めっちゃ簡単!】Eclipseインストール手順【開発環境作成】

スポンサーリンク
プログラミング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Eclipseについて

Eclipse(イクリプス)とは統合開発環境と呼ばれるプログラムを開発する環境のことで、主にJavaでの開発で用いられるツールです。

JavaだけではなくPythonやC/C++、PHPなども扱うことが可能です。

昔はEclipseのインストール手順がいろいろありました(日本語化など)が、パッケージ化が進んでとても簡単になっているのでハードルはだいぶ下がっていると思います。

本記事ではJavaの開発環境としてEclipseをインストールする手順を紹介していきます。

インストール手順

インストール手順

1.ダウンロードページへアクセス

2.Eclipseをダウンロード

3.ZIPファイルを解凍

4.Eclipse.exeの実行

ダウンロードページへアクセス

以下のリンクからダウンロードページへアクセスします。

Eclipseをダウンロード

アクセスした先の「Pleiades All in One ダウンロード」から自身の環境に合わせたインストールファイルをダウンロードします。

まずは最新版のEclipseを選択します。「Eclipse 2020」です。

今回のOSはWindows10 64bitなので、その中でも「Ultimate(いろいろな言語対応)」の「Full Edition」をダウンロードします。

ポップアップブロックしている場合はURLからダウンロードします。

またファイルサイズは2GBくらいあるので少し時間がかかるかもしれません。

(ネットワークが不安定だとやり直しになってしまうので注意!)

ZIPファイルを解凍

ダウンロードが完了したらZipファイルを解凍していきます。

もし解凍に失敗するようであれば、7-Zipで解凍しましょう!

ダウンロードサイトでも7-Zipで解凍するようにと注意があります。

Eclipse.exeの実行

解凍ができたらEclipseを実行してみます。

解凍したフォルダパス「pleiades\eclipse」の中にある「eclipse.exe」を実行します。

(デスクトップなどにショートカットを作成するといいと思います。)

最初は少し時間がかかります。

しばらくするとこのような画面がでてきます。

ワークスペース(開発作業フォルダ)を設定します。

Eclipseが起動しました。

ここからプロジェクトを作成し、プログラミングを行っていきます。

まとめ:昔に比べて環境作りが簡単になっている!

昔もパッケージ化されているダウンロードサイトがいくつかありましたが、こんなにきれいにパッケージ化されているものはなかったように思います。

こんなに簡単に環境が作れるとは思っていなかったので、新たにプログラミングを始めたいという方もEclipseを使う場合はとてもハードルが低くなったのではないでしょうか。

やってみるとインストール自体はしてなくてexeで起動できるんですね!

ずいぶんとJavaに触れていないので勉強していこうと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました