【プログラミング】初めての言語はVBAがおすすめです【簡単に始めれる!】

スポンサーリンク
プログラミング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

VBAとは

知っているよ。

という人も多いと思いかと思われます。

主にマイクロソフト製のOffice、ExcelやAccessなどで使われている言語です。

言語っていうとわかりにくいですが、要は日本語や英語などと同じようにパソコンの中に機械語という言葉がありそれの仲介(通訳)をしている言語をプログラム言語呼ぶことが多いかと思います。

Excelのマクロなども実はVBAでプログラミングされたものになります。

本記事では初めてプログラミングを始めるのにVBAがおすすめな理由などを紹介していきたいと思います。

プログラミングはいろいろなソフトを用意したり、データベースを用意したりなどなんとなくハードルが高くて難しいイメージですが少しでもハードルが下がればと思います。

なぜVBAなのか

HTMLJavascriptのようなWeb系で人気の言語や最近なにかと話題で人気急上昇中のPythonなどいろいろな言語がある中でなぜVBAがおすすめなのかということを紹介していきます。

おすすめできるポイントをピックアップして箇条書きにしてみました。

おすすめするポイントはこちら!

 始めるハードルが低い

 リファレンス(参考)が豊富

 自分の仕事など業務に取り入れ易い

 プログラミングしている感が簡単に味わえる

 まだまだ需要がある

それぞれについて簡単に説明します。

始めるハードルが低い

初めてプログラミングを始めたいと思っても言語によってはいろいろなアプリをインストールしないといけない場合などがありなかなかハードルが高く感じたりします。

せっかくやる気があってもそこで躓くのはとってももったいないと思うので簡単に始めれるというのはとても大事なことだと思います。

VBAを始めるにあたってはExcelがインストールされていれば良いので余計なことはあまり考えなくても大丈夫です。

Excelは基本インストールされている前提で話を進めていきます。(入っていない人ゴメンナサイ。。。)

リファレンス(参考)が豊富

VBAは参考がインターネットを検索すると結構でてくるので、困ったときでも調べることで解決できることが多いです。

参考書を購入するのもありだと思いますが、基本うまくいかない場合は検索する方が早いです。

参考書の使い方としては例題などをこなしていくような使い方がよいかと思います。

自分の仕事など業務に取り入れ易い

自身の仕事内容にもよりますが、ほとんどの会社ではOffice製品を用いて作業を行うことも多いかと思います。

VBAはExcelに簡単に組み込めて作業ができるので、使いこなすことができれば作業効率のアップにもつながります。

そういう意味では一番身近に実践できるプログラミング言語と言ってよいのではないかと思います。

プログラミングしている感が簡単に味わえる

VBAは手軽にプログラミングできてそのコードを見ればぱっと見わけのわからない文字が並ぶのでいかにもプログラミングしてますっていう感じが味わえます。

プログラミング未経験の新人でもこれでプログラミングに対するハードルが下がった人も多かったですね。

慣れると結構複雑なこともできたりするので、自分でもステップアップしている感がわかります。

まだまだ需要がある

Excelの歴史もずいぶんと長いのでこれから流行らないんじゃない?というのも確かにあるのですが、システム開発でいろいろな会社や仕事を見てきた中でそのほとんどの業務にExcelは使われています。

VBAで作られているものも中には多くあり、まだ当分は需要がある言語でないかと思います。

個人的には作業効率を上げるためのツールとして知っておくと自分の為になるのでぜひ覚えてみてはどうかなと思います!

ちょっとどんな感じかみてみよう

せっかくなのでちょっとだけどんな感じかやってみよう。

まずはVBAはどこに書いていくのかを見ていきます。

Ⅰ.Excelを起動して「表示」タブを選択して「マクロ」をクリックします。

※マクロはプログラムと思ってよいです。

Ⅱ.マクロ画面が起動します。

VBAでプログラムを作るとこのマクロ名のところにプログラムが作られます。

1.マクロを作る!

Excelを起動してとりあえず保存します。

どうやって作るかというと先ほどの「表示」タブから「マクロ」ボタン下に▼があり、それをクリックすると「マクロの記録」ができると思います。それをクリックします。

2.下のような画面が表示されます。OKボタンを押すと記録が開始されます。

(あれ?プログラミングどこ行った?笑)

マクロの記録の詳細

・ マクロ名は先ほどの一覧での表示名です。なんでもOK。

・ ショートカットキーは自身で指定したキーを押すことでこのマクロ(プログラムのこと)が実行されます。指定なしでもOK!

・ マクロの保存先は基本そのままでOK

3.プログラミング!!(仮)

Excelのセルを選んで「テスト」と入力して↓ボタンを押してみます。

4.上のマクロ▼から「記録終了」を押して記録を終了します。

5.マクロの一覧を再び開いてみると先ほど作ったマクロが登場します。

6.プログラムの内容を見てみる。

「編集」をクリックすると、先ほどプログラミング(仮)した動作がプログラムとしてコード化されました。

7.ちょっとプログラムコードを変更してみる。

セルの位置をE列からF列に変更し、設定する値を「あいうえお」に変更してみました。

VBAの画面を終了します。

8.実行してみる。同じようにマクロをクリックした下の画面から実行をクリックします。

ちょっとしか紹介できませんでしたがこのプログラムコードをいろいろと変えていくといろいろなことができるようになります。

プログラミングに必要になってくる考え方

プログラミングをするにあたって必要になってくる考え方があります。

それはズバリ「論理的思考力」です!

難しいプログラムになればなるほどプログラミングする前にどのように作らなければならないかを頭の中で大まかに設計します。

どのような言語でもそうですが、これを少し意識して学ぶことで全然違います!

まとめ:ぜひプログラミングを始めよう!

VBAはExcelがあれば簡単に始めることができるプログラミングです。

しかも学ぶことで自分の業務にも生かせる可能性があります。

ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました